読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食的に書く

聞いた話について考えたこと、タイトルのまんま

AR三兄弟の企画書、拡張現実の世界

日経BP社から出ている

AR三兄弟の企画書」を読みました。

 

まずARが何かという話なのですが、ウィキでもみていただくとわかるとおり、

拡張現実のことです。

そして著者のAR三兄弟(ウィキ)ですが、簡単に言うとデザインユニット、

いやわかりません。

長男の川田十夢さんはもともとミシンの会社にいたとかで、

なんでそんな人がARなんてやってんすかと思っていたんですが、

なぞはすべて解けた。詳しくは本を。

 

私はこの本を読むまで、ARってARマーカーを使ってウェブ亀とかで表現されるもの、

それに限るものだと思っていました。

しかし、

それに限るものではない!ということを知って目からうろこうろこうろこでした。

 

現実とは、言い換えれば目に見えているこの世界であって、

それを拡張するものならば、聴覚でも、触角でも、なんでもありだというのです。

びっくりした~

 

 

最近はgoogle先生のARメガネが話題だったりしますが、

ARって意外と私たちの身近にありました。

 

しっかしいろんなアイデアにあふれた本でした。VRとかARGの話とかもあって。

人間の生活を豊かにしてゆくものがあふれていました、この本には。

「クリックの省略」とか。

なんかステマみたいになってしまいました、うっかり。